Shengjing Azure Valley・繁栄

SINCE 2019

山東ランランアズールバレー株式会社

青潤藍色谷産業園区は藍潤グループが2019年3月に設立し、現地の特色ある観光資源、豊富な海産物と便利な港貿易を十分に利用して、日中のハイエンド海洋食品加工センターを設立しました。園区は山東半島の東端に位置する栄成市低島鎮白雲東村にあり、韓国、日本と海を隔てて、海岸線は80華里に及ぶ。

園区プロジェクトは508ムーの敷地を計画しており、総投資は12億元である。現在は山東省蔚藍谷産業園管理会社、山東藍潤蔚藍碧谷海洋科学技術有限公司、山東藍潤蔚藍碧谷海洋食品有限公司の3つの企業を持っています。昆布加工場、昆布調味液職場、複合調味料工場、わかめ加工場、海苔加工現場及びセット専用倉庫を建設しました。


高品質な製品を作成する

緑の健康の追求・ランランアズールバレーの文化を促進する

園区に研究開発センターを設置し、先進的な化学検査設備と専門的な研究開発チームを持っています。そして日本のハイエンドの技術とその他の専門人材を導入しました。また、南京医科大学と産学研の協力協定を結び、園区の将来の生産のために確固たる発展基盤を打ち立てました。

園区は「安全を前提として」、「健康を保障する」、「栄養を基礎として」、「美味しいものを追求する」という製品の生産理念で、製品の新鮮さと顧客の満足度を追求しています。


アズールバレー産業

Azure Valley Informationについて